読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部全部雑記

思ったことを恥ずかしげも無く

夜行性のケモノ

自分は夜行性の生き物なんじゃないかと思う。朝起きてもとにかくダルいだけで、ぼーっと携帯を眺めて、気づくと寝ている。夜に生きる生物になりたい。

いっそ夜に働くという手があるけれど、夜働ける場所はだいたいアルバイトでしょう。皆様が昼に活動しているのが悪い。そもそも日光が明るいのが悪い。

眠らない街、歌舞伎町でホストとして生きる。女の子と話せないし、お酒も飲めない。そういえば、この前歌舞伎町をウロついた。意外とこじんまりとしていた。

 

樹下太郎の掌編に「夜に別れを告げる日」というものがある。地球規模で人工太陽を打ち上げる計画が実行される。その前日の地球の様子を描いた短編である。夜を無くすなんてけしからんと思うし、否定的な話になりそうなものだが、「夜に別れを告げる日」はむしろ、多少の悲壮感はあるものの、祝祭的にその一日を描いている。良い短編である。

明日は昼間に活動したい。おやすみと言う。