読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部全部雑記

思ったことを恥ずかしげも無く

怒り

あまり怒るたちではないが、唐突に激しい怒りが湧くときがある。

頭を上げたときに、どこかに頭をしこたまぶつけたとき。イヤホンをどこかに引っ掛けて、耳を引っ張りながら抜けたとき。このときほど、怒りが生理的に湧くものだと痛感することはない。

あくまで怒りが生理的に湧くものであれば、その基準は人に寄ることになるので、何かに常に怒っている人たちがいるが、そういう人たちは怒りの沸点が低いだけに過ぎない、と見なさなければならない。そういう人たちとはあまり仲良くなれないのだけど。

基本的に、人に対して怒りを覚えることはない。怒らず、悲しくなるだけである。そういう感情を悪く揺さぶる人たちとはなるべく早く距離を取るに限る。職場にそんな人いなければいいなあ。