読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部全部雑記

思ったことを恥ずかしげも無く

みーちゃんゴレライ

猫について書く日は、つつがなく過ごした一日です。

 

癖なのだが、無意識にちょっと古いリズムネタでみーちゃんを可愛がってしまう。

リズムに合わせて名前を口ずさみながら背中とか頭を撫で回すと、みーちゃんはごろんとなる。

一瞬で消えてしまったラッスンゴレライも、猫の一生のなかでは青春の一曲になっているかもしれないと思うのだ。

 

f:id:ryoutaani:20170117110629j:image