読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部全部雑記

思ったことを恥ずかしげも無く

痴呆

正月なのでおばあちゃんちに行ってきた。

おばあちゃんは火事を起こしそうなくらい完全にボケている。僕の名前とか全然覚えていなさそう。

ボケている人の眼って異常に黒い気がするけど気のせい?

 

ボケの感覚はちょっとならわかる。

というのも、トリアステラムというメンヘラ睡眠薬を飲んだ翌朝の行動がいまいち記憶として定着していないからである。午後になって何でこの服着てるんだろうとか、読んだ本の内容を全く覚えていないけどしおりは動いてるとか、そういうことがしばしばある。特に服はおもしろくて、いつも自分が着ていそうなものをちゃんと選んでいる。やはり覚えていないのだけど。

現状の自分の感覚としてはなにか新鮮さがあるが、ボケた人にとってはこれが当然で、3分前に食べていたお団子が自分が食べていたかもわからないとか、そういうスパンになっていくと考えると怖いものがある。

ボケてしまえば自分は楽だが、ボケてきたという自覚が芽生える瞬間がくると考えると恐ろしい。